ILU

PRODUCTS

ILUの言語理解エンジンは
日本語意味解析モジュールと意味解釈モジュールより構成され、
多くのエンジン部品群と知識DB群の組み合わせにより
多種多彩なソリューションが提供することができます。

  • 情報分類系

    IFA機械学習による自動分類エンジン

    機械学習により分野や話題を想起する知識(連想知識)を自動構築するソフトウェアです。連想知識を利用することで、記事や商品のカテゴリ分類だけなくテキストマイニングサービスへの応用が期待できます。また、連想知識は直接更新することが可能なため、再学習処理が不要な点も特長です。

  • 情報分析系

    ABスクエア・サービス感性情報分析SaaSサービス

    テキストデータから、感性情報や重要なキーワード情報など様々な観点で分析して結果を出力するSaaSサービスです。キーワード情報、感性情報、分野情報、不適切表現情報、係り受け情報、地域情報などを分析抽出します。

  • 情報抽出系

    C-laei意味情報抽出エンジン

    テキストデータを分析し、その「意味情報」を抽出するソフトウェアです。人間の高度な知性と広範な知識を使って得られる情報(感性、分野、キーワード、不適切情報ほか)を抽出し、テキストの「本当の思い」をみつけることが可能です。社内データやソーシャルデータの分析によって、マーケティングなどへ活用することが可能です。

  • 人工対話系

    K-laei人工対話エンジン

    高精度の応答が可能なAIです。入力された文の「キーワード」だけではなく「意図」を理解し、文章中で表現されていない、話し手の目的(ゴール)を推論します。さらに、相手の「意図」を読み取り、AIの感情を変化させることも可能です。そのため、問い合わせ対応から対話型エンターテインメントまで応用できます。

  • 要約・生成系

    P-laei自動文書要約・生成エンジン

    テキストデータや数値データを解析し、文章の要約・生成を行うソフトウェアです。意味的に重要な文を様々な観点から選択する仕組みを備えており、高度な文書構造解析によって、順接、逆接、因果関係などを抽出し、より簡潔で自然な要約・生成が可能です。ですます調の調整や、フレーズの削除、言い換えなど、柔軟なカスタマイズをすることが可能です。

CASE STUDY