ILU

NEWS

2018/11/26

AIで記事抽出、取引先調査の支援サービス「日経リスク&コンプライアンス」を開始(日本経済新聞社)

株式会社日本経済新聞社様が、取引先のコンプライアンス(法令順守)チェック業務を支援する新サービス「日経リスク&コンプライアンス」を開始し、本サービスに弊社の技術が活用されております。

2018/11/13

AIで自動タグ付け 動画編集作業を省力化できる新ツール「Video AI System(仮称)」を出展(日本経済新聞社)

株式会社日本経済新聞社様が、ニュース番組などの動画に登場する人物や企業の名などキーワード(タグ)を自動で付与する新ツール「Video AI System(仮称)」を「Inter BEE 2018」に共同出展し、本ツールに株式会社日本経済新聞社様と弊社が共同開発した「自然言語解析ソフト」が使用されております。

2018/10/01

AIを活用して顧客の声を約1,300種類の話題・感情・意図に分類・見える化する「感性分析サービス」を提供開始(日立製作所)

株式会社日立製作所様が、約1,300種類の話題・感情・意図に分類・見える化する「感性分析サービス」の提供を開始し、本サービスに弊社の「ABスクエア」が活用されております。

2017/06/09

【IMAY】「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」公開記念始動!!

対話型AI [PROJECT Samantha] 『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の主人公、司波達也と司波深雪のAI化!

最強兄妹とのチャット・ルームを実現。
映画の公式サイト(http://mahouka.jp/ )にて6/9(金)~6/25(日)の17日間、期間限定で公開中です。
PCおよびスマートフォンにて、AI化した司波達也&司波深雪とチャット・ルームで心ゆくまで会話を楽しむことができます。
司波達也(CV:中村悠一)、司波深雪(CV:早見沙織)によるボイススタンプ機能付き!

2017/05/08

「第1回アニものづくりアワード」オリジナルコンテンツ部門金賞の受賞について

対話型AIサービス[PROJECT Samantha]β版「罵倒少女」が「第1回アニものづくりアワード」オリジナルコンテンツ部門金賞を受賞!!

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント様と当社が共同開発した対話型AIサービス[PROJECT Samantha]β版「罵倒少女:素子(もとこ)」が「第1回アニものづくりアワード」にてオリジナルコンテンツ部門の金賞を受賞しました。

2017/03/27

対話型AI[PROJECT Samantha]第2弾 期間限定公開 『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』公開記念 主人公・司波達也&司波深雪を人工知能(AI)化!!

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント様と当社は、共同開発した対話型人工知能サービス[PROJECT Samantha]により、株式会社アニプレックスが製作、配給に参加する『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の主人公・司波達也&司波深雪のAI化を決定しました。
その人工知能サービスを『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』のオフィシャルサイト(http://mahouka.jp/sp/)にて、2017年6月9日(金)12:00から6月25日(日)24:00までの17日間、期間限定で公開いたします。

2017/01/25

AIを活用した「決算サマリー」配信スタート(日本経済新聞社)

2017/01/03

日経の2017年「AIが決算ダイジェスト作成」に掲載(日本経済新聞社)

2016/11/30

「AI記者」の実力意外に高い言語の壁に掲載(日本経済新聞社)

2016/11/15

自動解析ニュース「QUICK AI速報」〜株価インパクトを瞬時に検知〜リリース(株式会社QUICK)

2016/08/12

プロジェクトサマンサによる「罵倒少女」インタビュー(ITmediaニュース)

2015/11/05

「朝日新聞」朝刊(地域):認知症の人向けの対話ソフト「孫システム」

「孫」と会話、画面でPCやスマホ用ソフト、徳大発ベンチャー開発

楽しみながら脳を活性化することができる、認知症の人向けの対話ソフト「孫システム」についての記事が掲載されました。

2015/09/11

「日本経済新聞」地域ニュース:認知症患者向けに対話ソフト

認知症ソフトが話し相手

-適度な「間」相づち打ち長続き-
受け答えに適度な「間」を挟むことで違和感なく自然な会話が続けられる、認知症患者向けの対話ソフト「孫(まご)システム」についての記事が掲載されました。

1 2 3 5